沈丁花は挿し木で増やす

沈丁花(ジンチョウゲ)の育て方!挿し木や剪定の方法は? – horti 〜ホルティ〜

このページは沈丁花の挿し木について詳しかった。

前の年に伸びた若い枝を10~15cmほど切り取り、先端の方に付いた葉を2~3枚残して、他の葉っぱを切り取ります。
そして、水の吸収面積を広くとるために、土へ挿しこむ切り口を斜めに切ったら、湿らせた赤玉土に枝を挿します。

やはり、買ってきたこの二つのポットは挿し木なんやな・・・。

10cmほど発根するまで、土が乾かないように水やりをして管理します。
2~3ヶ月して十分に根が生えたら、1株ずつ鉢に植え替えて通常通り育てていきます。

土の乾燥に気を付けつつ、半日陰になるようにして、5月初旬に鉢に植え替えようと思う。

このページのおかげで方針が決まってよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA