葉っぱが黄色くなってきた

葉っぱが黄色くなってきた

赤い方の沈丁花、購入当初に比べて葉っぱが黄色く、くしゃっとつぶれてきたように思える。

小さな苗
購入翌日に撮ったもの。

ただでさえ葉っぱが少ないのに、これはまずいのではないか・・・まあ赤い方の葉っぱは5枚あるのだが。

検索してみたが、葉っぱに問題が出るときは、たいてい土に問題があるのだとか。

ウチの場合は水のやり過ぎだろうか?

2/25日曜の夕方に買って、翌日朝に少し水をやった。やった後で根腐れが心配になり、それ以来やっていない。

今日、家を出る際にポットの土の表面をさわったが、まだ湿り気があった。

素人考えだが、寒さも疑わしい気がする。

沈丁花は、4月か7~8月に挿し木で数を増やすことができます。

沈丁花(ジンチョウゲ)の育て方!挿し木や剪定の方法は?

だとすれば、この時期に挿し木は早すぎるのではないか?

不安だ・・・だが、なんとか大きく育てたい。

強風で葉が取れてしまった

葉っぱ2/3

28日、帰宅した妻が家の中に入れてくれたそうなのだが、その時白い沈丁花の葉っぱは既に2枚になっていたそうな・・・。

これからは天気予報の風向風力のところも注意しないと。

こんなに小さいうちから葉っぱが減ったらダメージ大きいのだろうか?

葉っぱが全て取れてしまったら光合成できないんだろうな・・・ロマンシングサガ2のLPを思い出す。白沈丁花のLPは2/3なんやな。

花はしっかり咲いて、鼻を近づけなくとも良い香りがわかる。

今、玄関の中は沈丁花の香りでいっぱい。

白沈丁花、無事に育ってほしい。

沈丁花は挿し木で増やす

購入翌日のポット

沈丁花(ジンチョウゲ)の育て方!挿し木や剪定の方法は? – horti 〜ホルティ〜

このページは沈丁花の挿し木について詳しかった。

前の年に伸びた若い枝を10~15cmほど切り取り、先端の方に付いた葉を2~3枚残して、他の葉っぱを切り取ります。
そして、水の吸収面積を広くとるために、土へ挿しこむ切り口を斜めに切ったら、湿らせた赤玉土に枝を挿します。

やはり、買ってきたこの二つのポットは挿し木なんやな・・・。

10cmほど発根するまで、土が乾かないように水やりをして管理します。
2~3ヶ月して十分に根が生えたら、1株ずつ鉢に植え替えて通常通り育てていきます。

土の乾燥に気を付けつつ、半日陰になるようにして、5月初旬に鉢に植え替えようと思う。

このページのおかげで方針が決まってよかった。